【Goods】固形ワックス主義者がCC Water Goldを使ってみて

DARAKU
DARAKU

もうちょっと洗車が楽にならないかな。

整備工場
整備工場

固形ワックスを使うのやめたら?

動画でレビュー

【洗車グッズ】初めて「CC Water GOLD」を使ってみた

【検証】「CC Water GOLD」の施工から2ヶ月洗車なしで走り回った結果

私は固形ワックス派だった

私はずっと手洗い&固形ワックス派。特に固形ワックスに不満を持っている訳ではないんですが、唯一の不安は施工が面倒な所。まだコンパクトカーの洗車&ワックスであれば気になりませんが、プラドの洗車となるとかなりの時間を要してしまうのです。そこでなんとかもっと簡単に施工できないかと考えた結果、ネット上でも大好評のwater cc goldを発見したのです。

ただ、私には気がかりなことがありました。このwater cc goldという製品は自宅でできる簡易ガラスコーティング剤な訳ですが、このタイプの製品が世に出始めたときに実は率先して購入したことがあります。当時の施工方法も塗り広げるという面ではwater cc goldとさほど変わらなかったような気がしますが、実際に施工してみると結構な斑になってしまったのです。しかもガラスコーティングの斑はそんな簡単に取れることもなく、1~2ヶ月ほど良く見ると濃淡がある状態で乗っていました。

実際にWater CC Goldを使ってみて

このwater cc goldはとっても施工が簡単。ボディが濡れていても乾いていても、室内でも室外でもホイールにでもシュッと吹きかけて付属(付属じゃなくても良い)のマイクロファイバークロスで吹き上げればいとも簡単に艶と水弾きが得られます。薬剤の伸びも良いので液量の減りも少なく、しかも斑になりにくい。実際、一か月ほど施工してからたっていますが青空駐車場にもかかわらずしっかりと撥水していますので、耐久性に関しても悪くないと思われます。

結果として、固形ワックス派の私はあっという間に簡易ガラスコーティング派へと寝返った訳ですが、固形ワックスのメリットはやはり価格が安いところだと思います。water cc goldは塗り広げられると言っても薬剤は液体ですので全く減らないという事はありません。一方固形ワックスの方は「いつ買ったんだっけ?」と忘れるぐらい使えますので、その点は固形ワックスに利点があると思います。

まとめ
  固形ワックス Water CC Gold 備考
施工性 拭くピカ等を◎として

普通のボディであれば同等

クリア剥がれ等のボディは固形ワックス厚塗りに利点

撥水  
耐久性 2ヶ月程度ならOK
価格  

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました