【Youtube裏話】検索で引っかけるのは難しい

Blog&コラム

Youtubeを趣味で楽しんでいる私にとって、検索されやすいとか再生されやすいなどはあまり重要ではなくさほど気にしてはいません。もちろんSEO対策なんて全くしていない訳なんですが、それでもせっかく話した動画なので出来れば多くの方に見てもらえたら・・・なんて希望もあるわけです。

Youtubeはかねてから動画をアップしてからyoutube内検索やgoogle検索で引っかかる時間までが早く、とりあえずある程度のタイトルを付けてアップすればオッケーみたいな所があったのですが、多分間違いです。

私の場合、時事ネタを扱うことは少ないですが、同じ時事ネタを扱っているのにもかかわらず検索から落ちていて、一日遅れぐらいでアップされた動画の方が上の方に表示され私の動画は出てこないという事が結構あります。顔を出していないのが原因かと思いましたが、ニュース記事を表示して説明していたり、文字が流れるだけの動画でも選択されているので顔出しは重要なファクターではない事が読み取れます。

では、重要な要因は何でしょうか。色々と弄って見た所タイトルの付け方にもポイントがあるのではと思います。例えば「○○のはずなのに・・・」の・・・の部分はあまり良くないのかもしれません。また、記事と同じようなタイトルにしても検索上有意になるようなことはありませんでした。ただ、Youtube上の検索では効果があったのでYoutubeとgoogleとの検索では互換性は無いようですね(;´∀`)

これは本当に奥深い。youtube等のネットマーケティングを売りにしているところも沢山あるけれどどうやって対策しているんでしょうね。登録者だったり、再生数、グッドの数も関係しているのかもしれません。色々な要素がかみ合って複合的に検索されていると思うのですが、個人でこれに合わせるのは至難の技です。ネットで情報発信をする人の永遠のテーマです(笑)

ただ、一番は飽きることなく自分が楽しく趣味でやるってことかもしれませんね。それでは(^.^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました