【コラム】ワイパーのナットが緩むと、視界から消える?

スポンサーリンク

ワイパーのナットが緩むと、視界から消える?

突然いなくなったリヤワイパー

それはある雨の日でした。いつも通り仕事から帰ってくるのに車を運転していると、雨粒でリアウインドウが視界不良になっていたのです。何の気なしにリアワイパーを動かして雨粒を払うと、突如としてワイパーが消えてなくなったのです。

しかも、先ほどまで後ろにいた車が、とんでもなく車間を取って離れています。一体何が起こっているんだ?心に一抹の不安を抱えながら帰宅し車を確認すると、そこには無残にも垂れ下がったリアワイパーの姿が!

単純な原因

別にホラーでも何でもありません。リアワイパー付け根のナットが緩んでワイパー本体を保持することが出来ずに落ちてしまったということです。不幸中の幸いか、ワイパー自体が脱落することなく車体についていましたので、ナットを締め直すことで直ぐに復帰することが出来ました。

実は、これには心当たりがあったんですよ。というのも洗車をしているときにリアワイパーを立たせて洗っていたのですが、戻す際にちょっと下の方に押してしまったんです。その時に、ちょっとウニュって感じのどこかが緩むというか負担がかかった感じがあったんですが、確認するすべもなく放置していました。どうやらその際にナットを緩めてしまっていて、今回の動作で完全に落ちてしまったということですね。

皆さんもリアワイパーを使用した時に視界から消えてしまったら、こういう原因だと思いますのでご注意くださいませ。くれぐれも道路上にワイパー本体を落とさないようにしてくださいね。それでは(^.^)/~~~

事象を動画で見る

消えたリアワイパー・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました