勉強のスケジューリング

先述の通り、中小企業診断士試験の一次試験に関しては完全な知識問題ですので、とにかくインプットとアウトプットを繰り返せるように組んでいきます。

詳しい計画としては1~7まである単元の各テキストを約10日でやり、それにあわせて問題集を解いていくというものです。なかなか説明が難しいので私の手帳に書いてあるスケジュールを記載してみます。(実際のノートの画像は実践のページへ)

1月22日~2月1日 1のテキスト

2月2日~2月11日 2のテキスト&1の問題集

2月12日~2月21日 3のテキスト&2の問題集

テキストでのインプットと、問題集でのアウトプットを並行するように行っています。

実際のところテキストには当初設定した10日間もかかりませんでした。その場合、予定を早めるか問題集に時間を割くなどして結果的に7日間~10日間のサイクルで上手く回りました。

この予定ですと2月の頭から始めれば4月にはテキストと問題集が一周でき後はアウトプット重視で進めることになります。

4月以降の内容としては5・6・7・8月で問題集と過去問を繰り返し、知識の定着と足りない部分の補充、一次試験の傾向を掴むことを重視します。その間に「中小企業白書」の読破も行う予定でいます。これが主な中小企業一次試験対策の計画です。実際にどのように進めたかは実践のページをご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました