納車まで一年以上の四代目ジムニーを見る!

スポンサーリンク

納車まで一年以上の四代目ジムニーを見る!

納車まで一年待ちという脅威の売れ行きを見せている新型ジムニー。発売前は改悪が沢山あるのではと思われていましたが、出てみればキープコンセプトどころかスズキらしいつぼの押さえた車になっており、従来のジムニーフリークだけでなく、こういった雰囲気を楽しみたいライトな層にも受けていますね。今回はそんなジムニーを私なりに見ていきたいと思います。

エクステリア

最近では若干丸みを帯びてきたジムニーでしたが、新型はSJやJAを思い出させる古風なスクエアデザインに原点回帰。実車を見てみると天井の雨どいとシルバーのボディが相まって、パネルバンというか鉄板っぽさが出てチープなんだけどそれがカッコいいと感じられるデザインになっています。またフロントバンパーもARBなどにある鉄バンパーのような切り上げデザインになっており機能的にも見た目的にも非常にいいアクセントとなっているのではないでしょうか。

インテリア

内装はスクエア型のメーターや、ゲレンデやFJクルーザー、社外のライトにありそうな手袋をしていても押しやすいスイッチを採用したりと従来のジムニーに比べてちょっとおしゃれに感じました。もちろんオフロード走行を想定しているので、今までと同様に助手席側のグリップも用意されています。また、エアコンはアナログですが、これはこれで使いやすいので個人的には十分です(プラドもオートにしたこと無い)

安全性

こういった性質の車ですと、変に「予防安全装備の介入をして欲しくない」と思っているユーザーも少なくは無いと思いますが、心配御無用、今の流行には乗らずセーフティサポートをオプション扱いにすることによって不必要と感じているユーザーにも応えています。しかもオプション価格も¥42,000と十分に安いので良心的と言えるのではないでしょうか。
また、Aピラーやスクエアボディからも分かるように取り回しや視認性は抜群に良くなっているので狭い道でも重宝するのではと思います。

走行性能

今回のモデルチェンジで懸案事項だったのがラダーフレームが維持されるのかどうかという部分でしたが、しっかりとラダーフレーム構造を踏襲し、さらに2本クロスバーを追加することによって従来比1.5倍もの剛性をもたせているようです。


次にエンジンですが、スズキといえばハスラーやクロスビーに乗せられているハイブリッドが採用されそうでしたが、そこも採用せずターボエンジン一択となります。もちろん、今後の要望があれば乗せられる可能性もありますが、ハードに水に入っていくなどを考えるとモーターやバッテリーというのは選択として難しいのかもしれません。

ただ、少々気になるのがATモデルのATが4速という部分。今の時代に4速かよと思う部分がありますが、聴いた話によるとスペースの関係でこれ以上増やせないらしいです。私自身4ATの車を所持しており、もうちょっと多段化して欲しいと思っているのでここら辺はちょっと考えてもらえたらなと思います。ですが5MTがもちろん設定されているので、MTにアレルギーが無い方はこちらを選択したほうが幸せかもしれません。


また、足回りも従来同様3リンクリジッドを採用し、悪路走破性を圧倒的に高めています。150プラドではリアのみリジッドになったので悪路に弱くなったなんていわれますが、ジムニーはまだまだ健在でしたね。

このような感じで今回は新型ジムニーに関して感じたことを書かせていただきました。一見時代に合っていなくてトレンド外と思われがちな車ですが、実はジムニーに求められていたニーズをしっかりと盛り込んでおり購入者の心を捉えています。ただ、このスタイルが気に入って購入した人も多そうなので、もしかするとそのスパルタンさに付いていけず、早々と手放してしまう層も一定数いるような気もしますね。でも、久々のいい意味で「おもちゃ」「相棒」と思えるような車が出てきたと思うので、気になった方は是非とも見にいきましょう。今予約しても納車は遥か先なので、逆にゆっくり決めれば良いと思います。それではこの辺で(^^)/~~~

動画で見る

新型ジムニー出ましたね!ってお話しです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました