四駆乗りがワクワクするシチュエーション3選!

スポンサーリンク

四駆乗りがワクワクするシチュエーション3選!

四駆乗りと言えばキャンプやアウトドアが大好きな人が多い印象ですよね。そういった方は恐らく冒険心をくすぐるような状況が大好きなはず!?そんな状況を3つ集めてみました。

未舗装路

突然ですが、皆さん。日本の未舗装路の割合はいくつかご存知でしょうか?

答えは18%。

そのほとんどが林道等であることを考えると、普通の道で未舗装路を探すのは至難の技であることが想像できると思います。でも、あるんです。未舗装路が。

その一つ目が工事中の道路です。普段感じることのできない路面状況や車の揺れを、四駆乗りは楽しんでいるはずです。距離が長ければ、ルームミラーやドアミラー越しに後ろに出来る粉塵を眺めて、その非日常感に浸ることが出来ます。あの有名な映画のお父さんも「この車は四駆だぞ!」と言って爆走していましたよね。

そして二つ目が未舗装の駐車場です。都会の方ではあまりありませんが、一歩田舎に近づくとまだまだ未舗装の駐車場は点在しています。広くて他車がいなければこっそりアクセルを開けてみたり・・・してはいけませんよ。ただ、ちょっと多めに走って楽しむくらいは許してください(笑)

降雨時の大きな水たまり

私は雨天の運転があまり好きではないので、出歩くことは少ないのですが、大きな水たまりもアドベンチャー心を駆り立てる要因の一つです。特に乗用車が避けて通行しているような状況であっても、車高の高い四駆であれば素知らぬ顔で通過することが出来ます。

恐らく平然を装って通過していますが、内心ちょっとした優越感が芽生えているのは間違いないでしょう。こういう所を通過していく四駆率は個人的には高いと思っています(普通は避けるから高くなるけどね)

※因みに道路状況が読めない場合はむやみに水たまりに突っ込むのはやめましょう。マンホールのふたが空いている場合もありますし、歩行者に水がかかる可能性も少なくありません(罰則あるよ)

霧&もや

霧やもやは視界が悪く危険ですが、遭遇するとちょっぴりテンションがあがりませんか?それもそのはず、五感の内の一つ、視界を遮られる様な状態ですので他の感覚が敏感になり、より非日常感が増します。夜だって目隠しした方が・・・ゲフンゲフン。ちょっとしたアドベンチャーですよね。

実は私の住む地域は田舎の山間部なので霧の出現率が高く、その幻想的な光景と共にワクワクしながら運転しています。(当然のことながらいつも以上に安全運転でね)

まとめ&動画で見る

以上が四駆乗りがワクワクするシチュエーション3選でした。私の場合は未舗装路が一番好きなのですが、皆さんはいかがでしたでしょうか?どの状況もワクワクするかと思いますが、どれも日常の状況ではありません。周りの人だけでなく愛車を壊さないよう、くれぐれも安全運転で楽しみましょう。それではこの辺で(^^)/~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました