【コラム】真っ黒なシートがアルカリ電解水とメラニンスポンジでぴっかぴかに!

DARAKU
DARAKU

このシート、想像以上に汚れている・・・

※動画で見ていただくとわかりやすいかもしれません。

動画コンテンツ

真っ黒な革シートがアルカリ電解水とメラニンスポンジでピカピカに!

用意するもの
  1. アルカリ電解水(100円均一にもあると思う)
  2. メラニンスポンジ(無くても綺麗になります)
  3. 拭きとる雑巾&肌が弱い人はゴム手袋
  4. 汚いシート(革)
作業

作業自体は簡単そのもの。なぜならアルカリ電解水をかけるだけで汚れが浮いて垂れてきます。ただ、注意する点が一つありまして、スプレーで電解水をかけたら直ぐに塗り広げること。ただスプレーしただけだと、水滴が付いているところ、液が垂れたところしか綺麗になりません。すなわち、むらだらけになります。

それを防ぐためにスプレーをする→塗り広げるという作業をします。その後雑巾で拭き取ればあっという間に綺麗になります。

とっても頑固な汚れはメラニンスポンジでこすりますが、メラニンスポンジは研磨剤で表面を傷めてしまうので最悪シートを悪くします。そのため使用は最小限にしていただいた方が良いと思います。私自身、初めはメラニンスポンジを多用していたのですが、下地の色が出てくることがあったので使用を抑えました。

作業は簡単ですが、めちゃくちゃ骨の折れる作業となります。車好き&掃除好きの方であれば十分楽しめると思いますので、汚れたシートがある方は一度試してみてはいかがでしょうか?それでは(^.^)/~~~

※最近の高級車に多いセミアニリンのようなしっとりとしたレザーシートには不向きな方法かもしれません(やったことない)。される場合は見えにくいところで実験していただけると悲しい事態にならなくていいかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました