さいごに・・・

「受からなければ意味がない」

これは私が勉強中に常に意識していた言葉です。

中小企業診断士試験に限らず、世の中には沢山の試験があります。その試験すべてに合格者とそうでない者が存在しており、結果として、評価されるのは合格者だけなのです。

もちろん一生懸命勉強するということは、合格しないまでも、今後の人生において生きてくるのは間違いありません。 

しかし、それは自己の部分であり、自分以外の人は合格しない限り評価をしてくれないのです。合格したからこそプロセスも含めて評価される。自己啓発や趣味でない限り、絶対に合格する必要があるのです。もしかしたら、私の仕事柄、余計に強く思うのかもしれません。ですが、どちらも見てきているからこそ「合格」を取って欲しいのです。

中小企業診断士は科目数や試験が多く、計画を練らなければ長期に渡って勉強することになります。特に一次試験は部分合格の仕組みにはなっていますが、他の資格に比べて二年間しか有効にならず、ずっとループしてしまう方も多くいるでしょう。そのため、初学者はしっかりと計画を策定し、多年度受験者は一度計画を見直すことが必要になってきます。自分自身にSWOT分析をかけ、良いところ、悪いところを見極めてしっかりレベルアップをしていけば決して合格できない資格ではありません。

努力の先に必ず道は開ける。是非、頑張って下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました