about

History

概要
 以前
進学塾講師、個人契約での家庭教師として実績を残す
2011
進学塾と講師契約
web制作、各種デザインのDAC16を開始
2013
経済産業大臣認定 中小企業診断士取得 27歳
進学塾の企業化により正社員へ
2014
診断士取得を期にコンサル業務開始
youtubeで動画コンテンツ配信開始

I’

代表
Nishida Kei
保有資格

・中小企業診断士

・普通自動車免許

・初級シスアド

年齢
29歳
性別

初めまして。

さかのぼること中学時代。windows95から98,Meに変化するころでしょうか。私の家にも一台のPCがやってきました。今まで自分の周りの小さな世界で生きてきた少年にとって、世界の情報がリアルに手に入るその魔法の箱は大きな衝撃そのものでした。

それからはPCを使って出来ることを試す日々。初めからインストールされているゲームから始まり、ネットゲーム、Blog(現在29万アクセス)、そしてホームページビルダーの購入を期にHP製作にどっぷりのめり込むことになります。

もう制作した数はわかりません。趣味だった草野球から珈琲、釣り、車。興味のある物はすべてHPにして公開していました。

残念ながら大学時代は熱も冷めて触れることすらありませんでしたが、大学卒業後に転機が訪れます。

それは、勤め先のHP製作を頼まれたということ。早速、最新のホームページビルダーを購入し使ってみるとCSSという見知らぬ技術が出来ていたことに驚きます。当時使っていたフレームという画面分割技術は一切なく、CSSで簡単にデザインが変えられる。これは凄いことになっていると勉強を開始。

そのまま面白さに引き込まれ今まで使ってきたビルダーも卒業しDreamweaverへ変更。加えてCSSはデザインの要素も強いのでその過程で、PhotoShopやIllustratorといったデザイン系スキルも独学ながら少しは身に付けることができました。

その結果、HP製作や名刺デザインなどを副業として開始することになります。

一方、中小企業診断士に着目するに至った経緯は小さいころからの経営者への憧れから始まります。

身内に自営業者が多かったためか、幼いころから経営者を夢見ていた私は、ライブドアを始めとする起業家ブームの流れにも乗り、工業大学入学後、友人と学生起業を夢見て日々熱を燃やしていました。

さらに、青色ダイオード訴訟を始め組織内部の様々なギャップの存在に気づき、一から経営学を学びたいという思いから、商学部へと入学し直すことになります。

その後、就職活動で躓きながらも実績から進学塾講師として働いていましたが、幼いころからの夢はそう簡単に捨てきれるものではありません。

ある程度勉強したデザインで小さい小さい副業から個人事業を始めよう。

そこでDAC16が始まります。

そんな時、運営に関して持っている技術を可視化しようということで資格サイトを眺めていると「中小企業診断士」という資格を見つけてしまいます。

当時の私は、社会構造に自分が組み込まれたことで、今まで以上に組織運営、会社経営に興味が湧いており、そんな心をダイレクトに射抜いたのがこの「中小企業診断士」という資格だったのです。

思い立ったらやらなければ気が済まないので、塾講師という仕事をこなしながら、経済産業大臣認定の中小企業診断士試験に独学で合格(1年8ヶ月)出来ました。

現在は、診断士登録を期にデザイン業からコンサル業務へとシフトチェンジを行っているところです。

趣味で始めたデザインから独立を目指す中小企業診断士の組織へと自分自身の成長と共に、このDAC16も成長しています。

主な業務はデザイン、中小企業診断士の知識やWebに関するマーケティング知識、進学塾経営を間近で見てきた経験を生かしたコンサル業務となります。

また、情報発信に関しては適時行っております。

塾講師の経験を通して受験に向かうためのメンタルや、心構えを記した「現役塾講師が教える受験の心得」

独学で中小企業診断士を合格したノウハウをお教えする「独学で合格!中小企業診断士」

の二つの姉妹サイトもよければご覧くださいませ。

2018年12月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

最近のコメント

    カテゴリー

    PAGETOP
    Copyright © DAC16 All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.