国、地域、環境などの様々な要因から人間の価値観は形作られます。

その価値観によって物が高い、低いを判断したり自分の環境が好ましいのか、好ましくないのかなどを判断しています。

例えば、「物価が高い国」の人が「物価の低い国」に旅行した際に、安いと思い購入したものが実は「物価の低い国」では高い物であったということが挙げられます。これは物価が高い環境に価値観が合ってしまっているがために起こる現象ですね。

一方バイアスとは意思決定の際に提示された値段が基準となり偏った判断しかできなくなることです。

例えば旅行先でネックレスを1000円という値札から800円にまけてもらったとします。しかし、そのネックレスは通常価格300円で販売している物でした。すなわち、最初に提示されている1000円というのが無意識の間に基準になってしまい、そこからどれだけ安くなるかというところに主眼がいってしまうわけですね。

バイアスに関しては海外のみならず、国内でも沢山見られますが、価値観の違いとバイアスの合わせ技を繰り出してくるのは発展途上国の旅行者価格がわかりやすいでしょう。

購入者と販売者どちらもラッキーと思っているので形としてはいいのですが、基本的に負けているのは購入者であり文字通り掌で踊らされるパターンです。

広い目をもって判断していただければと思います。

それではこの辺で(^.^)/~~~

↓↓youtube↓↓